【無事終了いたしました!】第61会社会的企業研究会・日程決定!

 

お待たせしました!次回5月の研究会詳細が決定いたしました。

次回は、昨年末韓国にて成立した「協同組合基本法」、この策定・成立に深く関わられた金鍾杰さんをお招きします

 

皆さまのご参加をお待ちしております!

 

***(以下、転送大歓迎!)****************

日本における非営利・協同セクターの研究と実践の交流をめざす
第61回『社会的企業』研究会のご案内


昨年末、年末のギリギリになって、韓国の国会で「協同組合基本法」が成立したことが日本でも報道されました。
韓国と日本の協同組合に関わる法制度が、かなり似通っていたことは、周知のことでした。

しかし、今回の法改正により、個別の既存の協同組合の法律や制度と「摩擦」を起こさず、「労働者協同組合」や「社会的協同組合」も「設立が可能」となっており、
日本の今後の「協同組合制度」を改革していく上で、極めて、重要な前例となると思われます。

当研究会では、法案作成・成立に深く関わってきた金先生に、
『韓国の社会的経済政策全般、特に社会的企業政策の仕組み、経緯、現在の問題点、
そこに協同組合基本法まで広げた理由』に焦点を当てお話しいただき、討議します。

ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。

資料準備の関係から、参加ご希望の方は《事務局連絡先》あて、事前にご一報ください。
なお、参加希望者が多い場合には、お断りする場合があることをあらかじめご承知ください。 


◆ 2012年5月 研究会 ◆
●テーマ:「韓国の社会的経済政策が協同組合基本法に行き着いた理由」
 報告者:金鍾杰さん(漢陽大学教授、韓国大統領室「社会的企業育成タスクフォース」)
●と き:5月19日(土)午後1時半より4時半 
●ところ:東京・生活者ネットワーク 4階 会議室
 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 TEL 03-3200-9189

●会場費・資料代 500円

 

※会場までの地図は以下のPDFを参照ください

第61回社会的企業研究会
社会的企業研究会120519広報修正版.doc
Microsoft Word 51.5 KB